徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

機会があれば・・・。

機会があればと、常々思っていることがある。
それは箱根小涌園に泊まって駅伝の選手達を応援したい。
TVで箱根駅伝を見る度に、来年こそはと思うのだけど、なかなか機会がないものだ。

そして大晦日の京都といえば、朮詣り(おけらまいり)。
八坂神社に詣でて、吉兆縄に火をともし、火が消えてしまわないようにクルクルと回す。その姿に密かに憧れている。
この火で元旦の雑煮をたいて食べると、その年1年を無病息災で過ごせると言われている。でも、冬の京都は寒いからなあ。足の裏からジワジワと冷えが上がってくる感じだよねぇ。

一昨年の年末に、Dさんが家族で京都に行った。 もちろん朮詣り(おけらまいり)にも出向いた。
Dさんは京都で生まれ育っているので、言葉の端々に京都自慢が漂う。こっちでの生活の方がはるかに長いのに・・・。

「京都は・・・京都はね・・・京都とはね・・・」

そんなDさんにとって八坂神社界隈は庭のようなもの。そこで参拝者で混雑している大通りを避け、裏道に皆を誘った。
だけどそれが裏目にでた。裏道という裏道には警備員の姿が・・・。

「ちょっと通して欲しい」って言うと

「あんたたちみたいな人がいるから、我々が警備している」と、あっさり却下。

結局、喫茶店でコーヒーを飲んで帰ったと言う。
お疲れ様でした!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。