徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルが入院しました!

先日、ベルちゃんが入院しました。
先週の水曜日、いつものようにパトロールに出掛けて行ったんだけど、何時まで経っても濡れ縁のところから動かないので、心配になって声をかけると、よろよろとした足取りで戻ってきました。
翌日、私の横で眠っている筈のベルの姿はなく、朝ご飯の時間になっても下りてこない。“おかしいな”って思って見に行くと、ベルのソファーでぐったりしていました。

K動物病院に連れて行くと、またしても肛門腺が炎症を起こし化膿していました。
昨年の春にも同じ病気で入院したので、注意していたのに・・・。今回も、即入院。
「明後日以降に連れに来てください」とK先生。
確か、昨年は翌日迎えに行ったのに、明後日とは酷いのかなあ。(>_<)

突然ベルが居なくなってノアも寂しそう。

noa17.jpg


明後日はアトリエでの最終公演。朝の集合も早かったし、夜は夜で皆の差し入れを摘(つま)みながらの簡単な打ち上げがあったので、ベルを迎えに行くことが出来なかった。(ベルのことはず~と気にはなっていたんだよ)

日曜日に迎えに行くと、エリザベスを付けたベルがやってきた。
不安そうに目が泳いでいた。もう大丈夫だからね。
「結構酷かったですよ。高齢だから、心配しました」とK先生。
先生、ありがとうございます。ベルが元気になるのも先生のお陰です。
それなのにベルったら、先生を見ると威嚇してしまって・・・。申し訳ありません。

bell31.jpg


家に戻ると入院前よりも甘えん坊になってしまったベルちゃん。
私の跡ばかりついてきます。ソファーに座っていてもベッタリ体を寄せてくるし、寝るときも一緒です。片時もそばを離れようとしません。猫に慕われてこんなに嬉しいなんて・・・。(^^♪


bell30.jpg

すっかり元気を取り戻し、パトロールに行きたいみたい。エリザベスが鬱陶しいのか、外してくれと駄々をこねだしました。
今14歳。30歳まで長生きした猫もいるようです。ベルちゃんも負けずに長生きしてね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。