徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私も頑張ってます!

9月の公演が無事に済んでホッとしたけど、もうぐったり。翌日は寝込んでしまった。だけどなんとか舞台に立ち続けることが出来たので、体調面で少し自信が持てるようになったかな。

2幕目からの登場だから、そんなに大変じゃあないだろうと思ったけど、そんなに甘くなかった。科白は少ないけど、飛びっ飛びで科白があるので、集中力を保っていなければならない。婦長役のNさんも「そういう役も結構大変なんだよね」って言ってくれた。
篤ちゃんのようにパッと出てきて言いたいことを言って、パッと引っ込む役の方が楽だなあ。彼は彼で、次に出て行くまで緊張しているのだそうだけど・・・・。とてもそういう風には思えない。

rie03.jpg

篤ちゃんは、「自分と違う人間を演じることが、芝居の醍醐味なんだよね」って言ってるけど、私が演じる佐藤楓さんは、外来から応援で内科病棟にやって来たナース。2幕目からの登場で、人物描写もないし、あまり科白もないので、未だにどういう人物なのかよく分からない。作家の高橋正圀さんが、2幕目から彼女を登場させた意味を考えながら、佐藤楓さんという人物を探っています。
兎に角、環境が変わって戸惑いながらも、皆と力を合わせてウイルスに向かっていく彼女を頑張って演じていきたいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。