徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もう、大変!

ペットショップの店員さんの言葉(猫同士、仲良くなりますよ)を信じて、子猫を連れて帰ったものの、その日は大変だった。初めての顔合わせなので、ベルを抱き上げて、

「ノアちゃんですよ(名前は既に考えていた)、仲良くしてね」
と、対面させると、ベルが異常に興奮してしまい、

「フー、フー」、「ハー、ハー」、「グァー、グァー」
と子猫を威嚇し始めた。
いくら宥(なだ)めすかしても駄目。この日は、以前ベルが使っていた蓋付きの籠の中に子猫を避難させたが、ベルの興奮は収まらず、しばらく鳴き続けていた。

あまり刺激しない方がいいだろうと思って、翌日は、ベルが食事を終え、パトロールに出てから、ノアを籠から出すようにした。時間帯をづらして、なるべく二人を会わせないようにした。
ベルは自分の縄張りに別の猫がいることが許せないのか、独り占めしていた愛情に不安を覚え、やきもちを焼いているのか、兎に角、いつもと異なる環境をなかなか受け入れることが出来ないようだった。
そんな日が3日ぐらい続いて、私も疲れてきて、“もう成るがままよ”と放っておくことにした。

ノアはベルのことが好きみたいで、ベルの後をストーカーのように追いかける。ベルは鬱陶しそうに避け、時々威嚇をしている。それでもノアは怯(ひる)まない。大したものだ。
最近では、ベルもノアのいる状況に慣れてきたみたい(疲れてきたのかも)、少しづつだけど歩み寄っているように思う。

bellnoa02.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。