徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新しい家族!

昨年の夏頃、近くのショッピングセンターにペットショップがオープンした。
そのお店は、店内も清潔だし、ガラスケースの中の子犬や子猫達も大事にされているようで感じが良かった。だからショッピングセンターに行く度に必ず寄っていた。
子犬の方が人気があるのか、子猫は少なくてちょっと寂しかったが、どの猫も愛らしくって、しばらく眺めているだけでなんだか癒された。店員さんに言えば抱かせてくれるんだけど、そうしたら絶対欲しくなる。それに14年間愛情を独り占めにしてきた愛猫ベルの反応も心配だった。だからいつもガラス越しに見るだけで我慢していたのだ。

先月、仕事が忙しくて、所長の疲れがピークに達しているようなので、ショッピングセンター内にあるマッサージに行った。予約時間までにはちょっと時間があったので、例のごとくペットショップに寄った。熱心に見ていると思われたのか、店員さんが話しかけてきた。1年も通っていると、すでに心は揺らいでいる。思いきって愛猫ベルの事を話した。その店員さんによれば、最初は戸惑う猫ちゃんもいるけど、何とか仲良くやっていくらしい。
マッサージの時間が迫っていたので、後ろ髪を引かれながらも、一旦お店を後にした。心の中では、ソマリかスコティッシュ・フォールドのどちらかにしようと決めながら・・・。
マッサージを担当してくれたKさんとは、自然と猫の話になった。Kさんの家では6ぴきの猫を飼っているという。なんだかベルも仲良く暮らせるような気がしてきた。

再びお店に戻ると、店員さんが複雑な顔をしていた。たった今ソマリが売れてしまったというのだ。
「え~、うそ~」とがっかり。なぜなら第一候補はソマリだったから・・・。でも折角だからと、スコティッシュを抱かせてもらった。小さ~い、子猫の頃のベルと何だか似ているような気がした。所長に代わるとその子が所長の手をペロペロ舐めた。彼はいっぺんに気に入ってしまったみたいだ。単純なんだよね。そして、その日から新しい家族が増えたのです。

noa02.jpg

noa01.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。