徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

風光庭ウラ話し(by所長)

 以前のオープンハウスでお披露目した「浜松・風光庭」の一部の材料は、東京の老舗銘木店から仕入れている。いつもそうしているわけではないが、この空間にはこういう顔をした材料が最適だろうとか、この正面にはこんな立ち姿の柱が似合うに違いないと思ったときには、20数年前から私の建築を理解してくれている渡部社長に目利きをお願いしている。(私がまだ20代の頃、上京した度に数寄屋建築のいろはを丁寧に教えていただいた)
この風光庭も、設計図面をお見せしながら全体のデザインイメージを伝えただけで、こちらの思い描いたとおり、いやそれ以上のものをチョイスしてくれた。日本全国のネットワークを持っているからこそ、この離れ業が成立するのだろう。今回は、特別に私が最も信頼している棟梁のひとり水崎氏にも同行してもらい、その品々を時間を掛けて確認していった。そのうちのひとつを紹介したい。

R0013221_20071213180206.jpg


浜松・風光庭の和室を見る。
床の間中央に座っている桜の皮付き丸太は、奥の壁から離れているのが分かる。

R0012826_20071213180159.jpg


和室の床の間に座る桜の皮付き丸太を眺めながら、納得の表情を浮かべる水崎棟梁

R0012823_20071213180151.jpg


茶筒にもよく使われる桜だが、皮付きのものは野趣あふれる表情が珍重されている。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。