徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鉄道員(ぽっぽや)

アマチュア劇団からっかぜの今年の公演作品が決まったみたい。
昨年は秋公演だけだったけど、今年は、春と秋に公演が予定されている。
春公演は、鉄道員(ぽっぽや)。
またまた、篤ちゃんにオファーがあった。
高倉健が演じた佐藤乙松の友人、仙次役をということだった。

浅田次郎原作の鉄道員(ぽっぽや)は、当時話題作だったけど、観る機会がなかった(というか、たぶん観たかったけど、上映が終わってしまったのだと思う)ので、さっそくDVDを借りてきた。
生涯を鉄道員として生きた男の話で、坦々とした映像が続き、役者の技量が問われる映画だった。
仙次役は小林稔侍が演じていたが、登場シーンも多くて重要な役だ。


先月、演出自らの台本読みがあったので、久しぶりに稽古場を訪ねた。
(演出の意気込みを感じるなあ!)
今回は役を作りこむのではなく、自然な演技を求められたそうだ。
それに登場シーンも多いから、科白も多い。前回のように週一回の稽古という訳にはいかないみたい。

現状仕事が立て込んでいる。補助金がらみの仕事なので、スケジュールにも余裕がなく、毎日残業が続いているけど、遣り甲斐のある役で、篤ちゃんも演じたい気持ちはやまやまだったのだろう。
しばらく迷っていた。

だけど断念。決め手になったのは花粉症だった。
先月半ば、急に暖かくなった日に花粉症のスイッチが入ってしまった。
昨年よりも酷いらしい。
鼻水に、目のかゆみ、咳き込むこともある。
マスクをして寝ているので、なかなか寝付けないみたい。それに寝苦しそう。
朝起きると顔がまるで老人のようだ。
折角誘ってくれたのに、今回は無理みたいです。

台本読みは夜の9時から始まったんだよね。皆、お芝居が好きなんだねえ。それにタフ。
以前私が
「タフでなければお芝居は出来ないね」って言ったら、
「芝居をやるようになって体力がついた」って皆な口を揃えて言っていた。
ど~なのかなあ?
ちょうどその日はバレンタインデー。
手作りチョコやケーキが沢山あったみたいで、お土産に持ち帰ってきてくれた。
とっても美味しかったです。(^^ゞ


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。