徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ナースコール再び!

地元のアマチュア劇団、からっかぜの9月のアトリエ公演(稽古場での公演)が終了しました。今回の芝居には劇団員はもとより、助っ人として元劇団員、その友人、知人等が参加しているんだけど、公演当日は場数を踏んでるはずの劇団員の人達も物凄く緊張して、声もかけられない雰囲気でした。
そんな中、まずはひとみおばあちゃんに扮したF君が舞台に登場。Fくんの頑張りで客席が和んだみたい。お客さんの笑い声が楽屋に響き、緊張していた皆なの顔も少し緩んだ。

さあ、公演の始まりです。ナースコールが鳴っている。皆なそれぞれ舞台へと向かって行った。するとどうでしょう、役者達は自分の役を堂々と演じて、さっきまで緊張していたとは思えない。稽古よりもず~と良い。流石だなあ。(^^♪

篤ちゃん(所長)も、どちらかと言えばヒール役(悪役)の内科部長、雪村菊次を活き活きと演じていました。

astushi03.jpg

「君たちねえ、医師と看護師が対等であるわけがないじゃないか、(中略)下働きじゃあないか・・・違うかね?」と言って、ナースの怒りを買っているシーンです。

astushi04.jpg

今月、アトリエ公演が4公演、来月には浜松市福祉交流センターでの1公演が控えています。まだまだ気を引き締めていなければ・・・・。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。