徒然乃記

愛猫の事、日常の些細な風景、そして仕事(建築)の事等を徒然に綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大変だぁ!

ノアちゃんは日毎に可愛らしくなる。
先日、家に寄ってくれたKさんも「超可愛い」と絶賛していた。

noa04.jpg


そして活発にもなった。

noa03.jpg

寝室の障子はボロボロだ。

「駄目でしょう。これはやってはいけない事だよ」
って叱っていると

「アッシには関わりの無いことでござんす」
とばかりに、ベルが知らん顔をして通り過ぎていった。

「アッシの顔に免じてノアを許してやってくださいませんか」
なんて気持ちは更々なさそうだ。

まあ、お兄ちゃん(お爺ちゃん)もそれなりに被害を受けている。
遊び盛りのノアは、ベルにチョビチョビちょっかいを出しているのだ。ベルは鬱陶しそうにしながらも、相手にはしていなかった。だけど最近エスカレートしてきた。この前なんか、マダカスカルの猿さながら横っ飛びでベル目掛けて飛び掛っていった。さすがに温厚なベルちゃんも、その時ばかりは腹を立て、張り手一発かましていた。そしてその眼が、「いい加減、やめさせてよ」と訴えていた。

思い返せば14年前、今でこそ悠然と構えているベルだけど、子猫の時は大変だったんだよ。
会社から帰ってくると、ゴミ箱は倒されて中のゴミは掻きだされ、ティシュペーパーの箱はボロボロで、ティッシュの残骸が部屋の至る所に散らかっていた。疲れきった体に鞭打ち、まずは部屋の片付けから始めなければならなかったんだから・・・。子猫って大変だったんだ。

スポンサーサイト

PageTop

宙(そら)ちゃん!

ノアの写真をメールすると、即効遊びに来たMちゃん。ご主人のSinちゃんも一緒だ。
Sinちゃんは自分のブログを持っているので、常にネタ探しをしている。
二人とも、「可愛い、可愛い」と、まずは写真撮影。
そしてノアを相手に何時までも猫ジャラシで遊んでいた。

数日後、Mちゃんから電話がかかってきた。
「Rieちゃん、猫を飼うことにしたんだ」
Sinちゃんの知り合いの家で生まれた子猫を1匹貰うことにしたらしい。
だけど少々浮かない様子。
「茶トラだって云ってたんだけど写真を見ると、黒っぽいのよね。やっぱり肉球も黒いのかなあ?私はベルちゃんやノアちゃんみたいに、ピンクの肉球が好きなんだけど・・・」
“成る程ね” 何となく分かる。

sora02.jpg

早速遊びに行くと、Mちゃんが不安そうに「可愛い?」と聞いた。
なんだかメールで送ってもらった写真とちょっと違うような気がした。もっと目がパッチリしてたんだけどなあ。

「う~ん、個性的かな」って言うと
「個性的って、可愛くないってこと?」
としっかり突っ込みが入った。もうすっかり親バカだ。

後日、Sinちゃんのブログを見ると、ひとり2階に上がって行くベルの写真が紹介されていた。なんだかその後姿には哀愁が漂っていた。
ご免ね、ベル m(__)m。ベルの事を忘れていた訳じゃあないよ。
ノアも大事だけど、ベルも大事。私達には14年の歴史があるんだから・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。